美容クリニックで受けるダウンタイムの長い治療より小じわに効果があったのは

クリニーク化粧水の効果

乾燥や年齢的なことで肌には小じわが生じますが、美容整形クリニックでの治療でポピュラーなのはボトックス注射です。SEOツールを使って対策を進め顔に注射器を刺して注入をするので目元などはかなり痛いですし、内出血を起こしたり治るまでに黄色くなるなど、軽いダウンタイムも避けられません。皮膚の若返りとして強力なレーザー治療となる、フラクショナルレーザーも高い人気があるものの、ボトックス注射よりもさらにダウンタイムは長めです。

大阪メンズクリニックの実力

医療用レーザーは強烈で痛みが強く、1週間から10日間はかさぶたに我慢をしなくてはなりません。ダウンタイムと強い痛みを考えると、効果的ですがどちらの治療も迷いがありました。小じわではなくシミ治療で勧められたのがレーザートーニングでしたが、思わぬ結果を導き出したのです。肝心のシミはかなり回数が必要なようで、さほどすぐに効果はなかったものの、3回ほど受けてみると肌のきめが整い、小じわが目立ちにくくなっていました。痛みもほかのレーザーより少なく、ダウンタイムもないレーザートーニングの治療にすっかり魅了されています。